「訓練経過報告」

待ちに待った1ヶ月が過ぎて沙羅ちゃんに面会してきました。
一度写真入の手紙が送られてきて分離不安症になっていると報告がありました。
分離不安症は飼い主が見えなくなっただけで不安で吠え続ける精神的な病です。
原因は飼い主の甘やかしが大きな原因だと言います。たしかに昨年5月にソラちゃんが亡くなってから4ヵ月後に沙羅ちゃんを迎えましたから、かわいがり過ぎたのかもしれません。症状は改善の方向に向かっているそうです。
独立心を高めるためにこれからは我々が注意しなければなりません。
 
面会は家族3人で会いに行きました。所長さんに会う前の注意を事務所で受けていたときに気配を感じたのか犬舎から沙羅ちゃんの吠える声が聞こえてきました。覚えてくれていたようです。でも最初は無視してくださいとのことでちょっとそっけなく振舞います。そして1ヶ月の訓練の成果を見せてもらいました。
見違えるように左側に付いて歩きます。ばあちゃんでもこんな感じです。
歩く方向に付いて歩きますがもう引っ張りません。

今まではとてもばあちゃんに散歩させることは考えられませんでした。散歩させたら即骨折したでしょう。
止まって座れと言えば座ります。飛びつくこともありません。

とてもお利口さんになりました。以前に比べずっと落ち着きました。

でもまだ訓練はあと3ヶ月続きます。どんなにお利口さんになるのでしょうか・・・?

帰るときはさよならを言わずに帰ってきました。がんばってね。

次回の面会が楽しみです。以上沙羅ちゃんの訓練所経過報告でした。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    kyonkyon (木曜日, 18 4月 2013 08:06)

    やっぱり、思った通りでしたね。さすが訓練ですね。沙羅ちゃんは、特別オテンバさんだから訓練所の方も骨おられてるでしょうね。
    まだ、3か月もあるのですからそれこそすばらしいレディーになられるでしょう!いつかお店で会えるのがとても楽しみです。

twitter なう

Windows10の公開以降、下記Twitterの表示が安定していません。ご容赦ください。