「久しぶりの南相木村」

昨年行けなかった南相木村に行ってきました。一昨年の秋以来ですから1年半ぶりです。一番心配してたのが地主のおじさんです。高齢で90歳を過ぎてます。一番に訪ねてみると家の中にいるのが分かってホッとしました。でも耳は殆ど聞こえず会話が成立しません。でも嬉しかったです。35年以上の付き合いです。おばさんは腰が悪くて入院しているため一人で生活しているみたいです。この高齢で田舎の家に一人で暮らしているというのに驚きです。「シイタケ持って行け!」とたくさんもらいました。
私たちは母ちゃんと沙羅ちゃんがいるので村営のロッジに泊まります。本当はワンコを泊めたらダメなのですが管理人さんとも長い付き合いで分かっていると思いますが何も言いません。もちろん迷惑をかけないように清掃はきちんと行います。

早朝に釣りに行ってきました。久しぶりのイワナです。沙羅ちゃんを入れて3人分、3匹釣ったら十分です。

結構いい形です。もちろん天然ものです。

昔昔のキャンプ場はひっそりとまた自然の山に戻っています。今が新緑の時期で一番きれい、これからいろんな花が咲きます。

これはトリカブト、猛毒の花ですがきれいです。普通に川辺にたくさんあります。

昼間は山小屋のあるキャンプサイトに移動です。建てて20年以上になりますがまだまだ大丈夫、遊べます。

この川の上流で釣りました。小屋の前から竿を出すこともあります。まさにシャングリラです。

元々は畑ですが地主さんの厚意で自由に使わせてもらってます。畑に植えたワイルドストロベリーやハーブが野生化してます。

昼の蕎麦のおかずの山菜を採りに行きます。周りにいくらでもあります。

山ウドがこんなにありました。硬そうですが結構柔らかいのです。1250mの高所は山菜が柔らかくおいしいです。20年以上前はもっとたくさんありましたが最近少なくなりました。何が原因か…わかりません。

昼の天ぷら材料です。ウド、コゴミ、サワ蕨、タラの芽です。

焚火でイワナの塩焼きです。一匹は塩をしてません。沙羅ちゃんの分です。

焼いたイワナは腹いっぱいになったので夜にいただきました。こんな具合でおいしかったです。

昼食後に南相木ダムに行ってきました。正面の雪をかぶった山が八ヶ岳です。一週間ほど前に雪が降ったそうです。
昔、5月連休にはよくここ南相木で雪に降られました。

揚水式のダムなので発電設備はすべて地下にあります。しかもロックフィル式なので自然景観を損なわないところが好きです。

今回は南相木で2泊、白馬で1泊してきました。
白馬はいつものグラスハウスというワンコの宿です。

平日なのでお客は我々を含めて2組、トイプー2匹を連れた夫婦です。その夫婦は折り畳み式の自転車にワンコをザックに入れて背負ってのサイクリングです。なるほどな、小さいとこんなこともできるのか、と感心しました。

昨年10月に来た時、この近くで小谷温泉の奥に鎌池という絶景の場所があり行く途中に台風による土砂崩れで断念した場所があります。今度こそはと行ってみました。しかも新緑が素晴らしいと言います。
そして行く途中の村の景色に感動しました。

どうでしょう、まるで昔の日本の原風景のようです。日本昔話に出てきそうな田舎の景色だと思いませんか?

時間があればしばらくぼ~っとして眺めていたい気がしました。
そして雨飾荘の前まで来たら、何と通行止めです。聞くとまだこの奥は除雪が済んでないそうです。今週中には開通するとのことですが、ほんの少し間に合いませんでした。来る途中も沢筋には残雪がたくさんありました。残念無念…

宿の看板犬、メイちゃんと奥さんです。次はまた沙羅ちゃんの誕生日に来ます。今度は三度目の正直で絶対に鎌池に行きます。

 

 

 

 

 

twitter なう

下記Twitterの表示が何故か安定しません。ご容赦ください。