「また行ってきました。」

名古屋で3日、長野で2日の出張に行ってきました。今回は久しぶりの楽しい出張でした。というのはアフターファイブが充実していたからです。もちろん仕事もしっかりしてきました。名古屋ではお客さんに薦められた有名な老舗でひつまぶしを食べてきました。

普通に頼んだのですがこのサイズで茶碗に5杯もありました。御存知の通り3通りの食べ方があります。ウナギの焼き方も少しかりっと焼いてあります。うな重とは違った味でなんとも云えない美味しさ…ああ、幸せって感じ。お店の名前は「なまずや」といいます。値段は2800円です。納得の値段でした。

長野には日曜に午後同僚が迎えに来てくれ、伊那に移動しましたが以前から気になっていた世界でも有数のパワースポット文杭峠に行ってきました。通称ゼロ磁場と呼ばれるところです。ここは中央構造線の真上で両側で異なる地層同士がぶつかり合って居る場所です。ですから地球のパワーがみなぎっているのです。こんなに断層がむき出しになっている場所は珍しいそうです。標高1420mの峠から歩いて15分の山のなかです。シーズン中は車は進入禁止ですがまだ3月ですから誰もないはず、といって行きました。峠は予想通り誰も居ません。まだ道は雪がいっぱいあります。雪道を歩いてやっとそれらしいところに到着しました。

言われてみれば何故か気を感じます。持参したポリタンクに水を汲みましたが写した写真のタンクが白く光ってまみえませんか?ゼロ磁場の水はパワーがみなぎっているんだろうと自分で勝手に解釈しています。

この水は時間が経っても悪くならないそうです。持って帰り、パンの仕込み水に使いゼロ地場パンを作ってもらいます。お楽しみに…
シーズン中はあやしいペテン師がうろついているようですので特に女性は気をつけてくださいね。

帰る途中見つけた水屋さんです。商魂たくましくゼロ式天然水を生産しています。すごい絵です。

夜は伊那名物ソースカツ丼の美味しい店、竹田に行きました。カツの厚さがすごいです。

肉も柔らかく美味しいです。
 
翌日の仕事も無事終了して火曜に帰ってきましたが、ずっと天気が良く最高でした。朝方の岳千畳敷方面の雪山が湖面に写ったこの風景はスイスのようでした。(ずいぶん昔ですが出張で行ったことがあります。アイガーに登山鉄道で登って来ました。)日本も捨てたものではありません。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    kyonkyon (木曜日, 28 3月 2013 08:16)

    写真がきれいですね。本当に日本にもこのような素晴らしい場所があるんですね。いつか行ってみたいと思います。
    沙羅ちゃんは、もう慣れたころでしょうか?厳しい訓練に耐えて美しいレデイーになって帰って来ますよ。楽しみですね。

twitter なう

Windows10の公開以降、下記Twitterの表示が安定していません。ご容赦ください。