「バーベキューに飽きたら」

夏はどこの家庭でも一度はバーベキューをやると思います。
うちもやりますが、食いすぎていつも後悔します。そこでことしは先日の旅先で買った朴葉を使った焼肉をしました。
朴葉はどこの山にでもある木です。特徴は大きな葉っぱで、たぶん山中で一番大きな葉っぱがそうです。
飛騨地方ではごく普通にこの葉っぱの上に肉、野菜や味噌をのせて下から火であぶっていただきます。
むこうに行くとよく食べます。焼いた味噌でご飯もすすみます。我が家では近頃この葉っぱで自家製の味噌を好みで味付けして、ちょっといい肉を使ってキノコといただきます。
焼くときはホットプレートに朴葉を敷き、自家製味噌とねぎを塗った上に肉やキノコを並べます。
焼くのに少し時間がかかりますがこれが食べ過ぎにならなくてちょうどよいのです。
自家製味噌には6月に採れた生梅がクラッシングされ入っていて、砂糖でまろやかな酸味の味になっています。

こうして焼けた朴葉の香りが肉にしみこみ味噌と絶妙な味になります。
今年は裏山に朴の木がある場所を知っているので取りに行こうと思ってます。
それとこの木に咲く花の実はいいお茶になると聞きました。(調べて見ると漢方薬にもなるそうです。)
それも試して見たいと思います。秋から冬場に収穫です。
野山には楽しみがいっぱいあります。
 
それと先日ブルーベリー園で頂いたブルーベリーでソースを作り豚肉をバルサミコ酢で焼きいただきました。
ブルーベリーの甘さが豚肉とよくマッチしておいしかったです。上に大葉が刻んであります。

ブルーベリーをたくさんありがとうございました。
もっといろいろ活用方法を考えたいと思います。

 

 

 

twitter なう

下記Twitterの表示が何故か安定しません。ご容赦ください。